予防接種証明書(ワクチンパスポート)の交付申請について

新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(ワクチンパスポート)については、12月20日にデジタル化され、スマートフォン上で専用アプリから、二次元コード付きの証明書を取得・表示できるようになりました。これにより、接種証明書の取得が容易になるほか、海外渡航等に限らず、国内での利用ができるようになります。

接種証明書(電子版)の申請 について

・ 接種証明書アプリから 申請・取得することで接種証明書(電子版)が表示可能となります。

・ 接種証明書 の電子申請においてはマイナンバーカードが必要です。

・ 接種証明書は「日本国内用」と「海外用」の2種類から選択できます。

■参考

【チラシ】マイナンバーカードで新型コロナワクチンの接種証明書(電子版)が取得できるようになります

PDF形式:344KB

電子申請に必要なもの

① スマートフォン(マイナンバー読み込みに対応している機種)

② マイナンバーカード

③ マイナンバーカードの券面入力補助用暗証番号(カード受取の際に設定した4桁の数字)

④ パスポート(海外用を発行する場合)

専用アプリについて

・「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」は日本政府公式のアプリです。

・2021年12月20日からApp Store及びGoogle Playで公開されています。

・専用アプリのインストール方法など詳しくは「デジタル庁ホームページ」をご確認ください。

【リンク先】デジタル庁「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」のページ

【参考】新型コロナワクチン接種証明書アプリの利用の流れ

PDF形式(1470KB)

マイナンバーカードの申請について

接種証明書(電子版)の申請には、マイナンバーカードが必要です。

マイナンバーカードの交付申請については、「マイナンバー(個人番号)カードについて」をご確認ください。

※マイナンバーカードは、申請から交付の準備ができるまでおおむね1か月かかります。

 マイナンバーカード未取得の方で電子交付の利用を検討されている方は、

 計画的に申請・受け取りいただくようお願いします。

接種証明書(書面)の申請について

マイナンバーカードを所持されていない方、スマートフォンを持たない方など、専用アプリから接種証明書(電子版)を取得できない方は、これまで通り、紙の接種証明書を交付します。

接種証明書のデジタル化に伴って、二次元コード付きの様式に変更となり、「日本国内用」と「海外用」の2種類から選択できます。海外渡航の予定がなくても、国内利用のために発行できるようになりました。

※「接種済証」または「接種記録書」がお手元にある場合、日本国内においては引き続き証明書として有効ですので、必ずしも接種証明書(ワクチンパスポート)の交付を受ける必要はありません。大切に保管してください。

※12月20日発行分から様式が変更になりますが、変更以前に交付された接種証明書も引き続き証明書として有効です 。

■参考

【チラシ】ワクチン接種証明書(紙)が新しくなります

PDF形式:863KB

発行手数料

無料です。

ただし、接種証明書の送付にかかる郵送代は申請者がご負担ください。

申請方法

1.窓口申請

申請書類をそろえて、健康増進課の窓口(市役所本庁1階)に提出してください。

2.郵送申請

申請書類をそろえて、次の宛先へ郵送してください。

(宛先)
〒693-8530
島根県出雲市今市町70番地
出雲市新型コロナワクチン接種実施本部

申請書類

1.接種証明書交付申請書

 以下のリンクから様式をダウンロードしてください。

 紙の申請書が必要な場合は、健康増進課の窓口で配布しています。

接種証明書申請書(PDF形式:106KB)

2.旅券(パスポート)の写し

※顔写真と旅券番号が記載されたページの写し

※日本国内用の申請では不要

3.接種記録書の写し または 接種済証の写し

 「接種記録書」は医療従事者等の方や職域接種などで接種券が届く前に接種された方がお持ちです。

 一般接種の方は接種券台紙の右側部分の「接種済証」の写しが必要です 。

4.本人確認書類の写し

 運転免許証、健康保険証、在留カード 等

 ※住民票上の住所の記載があれば旅券でも可

 ※窓口で手続きする場合は本人確認書類の写しは不要で、提示のみで可  

5.返信用封筒

 宛先・宛名の記入と切手(定型封筒であれば84円)の貼り付けをお願いします。

 ※窓口申請で窓口での受け取りを希望の場合は不要

 郵送申請の場合接種記録を紛失された場合は、必ず返信用封筒を添付してください。

場合により必要な書類

6.旧姓・別姓・別名の確認書類(旅券に旧姓等の記載がある場合のみ)

 旧姓併記のされた運転免許証、戸籍、住民票の写しなど

 別名・別姓の記載のある外国の旅券など

7.委任状(本人以外が代理で申請する場合のみ)

 以下のリンクから様式をダウンロードしてください。紙の委任状が必要な場合は、健康増進課の窓口にて配布しています。

委任状(PDF形式:77KB)

交付方法・交付時期

1.窓口申請の場合

①窓口交付を希望する場合

申請書を受理した日から1週間後以降に交付します。申請の際にお渡しする引換券を持参してください。

接種記録を紛失された方は、証明書の発行まで2~3か月かかる場合があることから

 郵送交付のみの対応とさせていただきます。ご了承ください。

②郵送交付を希望する場合

返信用封筒での郵送により書面交付します。 (申請書の受理日から1週間程度で発送)

ただし、接種記録を紛失された場合は、接種記録を確認する必要があるため、接種証明書の発行に2~3か月程度かかる場合があります。


2.郵送申請の場合

返信用封筒での郵送により書面交付します。 (申請書の受理日から1週間程度で発送) 

ただし、 接種記録を紛失された場合は、接種記録を確認する必要があるため、接種証明書の発行に2~3か月程度がかかる場合があります。

※郵送申請の場合、郵送交付のみの対応とさせていただきます。

発行にあたっての注意事項

・書類に不備があった場合に、申請者に連絡をする場合がありますので、必ず連絡先(普段利用する携帯番号など)を記載してください。

・接種証明書の二次元コードには、氏名、生年月日、接種記録等の個人情報を含みます。取扱いには十分ご注意ください。

その他

日本国内での接種証明について

日本国内では、接種証明書がなくても、新型コロナウイルスのワクチンを接種した方は、以下の接種済証等により接種済みであることを示すことができます。

・医療従事者等の方や職域接種などで接種券が届く前に接種された方の場合 ➡「接種記録書」

・それ以外の方の場合 ➡ 「接種済証」※接種券(クーポン券)の台紙に付属しています

接種証明書の海外での利用について

日本国で発行した接種証明書の諸外国での受け入れ状況については、外務省のウェブサイトに情報が公開されています。

詳細については、以下のリンク先をご確認ください。

問い合わせ先

【新型コロナワクチン接種証明書 全般について】

 厚生労働省新型コロナワクチンコールセンターフリーダイヤル 0120-761-770

【 新型コロナワクチン接種証明書 の 証明内容ついて】

 ※接種日やワクチンの製造番号が実際と異なるといった証明内容に誤りがある場合など

 出雲市新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター 0853-21-6613

【マイナンバーカード 全般について】

 マイナンバー総合フリーダイヤル 0120-95-0178