新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(ワクチンパスポート)の交付申請について

 

新型コロナウイルス感染症のワクチン接種記録を、接種者からの申請に基づき交付します。

接種証明書は、各国への入国時の防疫措置の緩和等のため、諸外国に接種証明書の提示を求められた場合に提示するものとして発行するものです。

※当面の間は、現に海外渡航の予定がある方のみを交付の対象としています。

申請受付は7月26日(月曜日)から開始します。

証明書の交付が受けられる方

出雲市が発行した接種券を用いてワクチンを接種した方で、海外渡航を予定している方。

発行手数料

無料です。

ただし、接種証明書の送付にかかる郵送代は申請者がご負担ください。

申請方法

申請受付は7月26日(月曜日)から開始します

1.窓口申請

申請書類をそろえて、健康増進課の窓口(市役所本庁1階)に提出してください。


2.郵送申請

申請書類をそろえて、次の宛先へ郵送してください。

(宛先)
〒693-8530
島根県出雲市今市町70番地
出雲市新型コロナワクチン接種実施本部

申請に必要な書類

1.接種証明書交付申請書

以下のリンクから様式をダウンロードしてください。紙の申請書が必要な場合は、健康増進課の窓口にて配布しています。

接種証明書申請書(PDF形式)

2.旅券(パスポート)の写し

※旅券番号が記載されたページの写し

3.接種記録書の写し または 接種済証の写し

「接種記録書」は医療従事者等の方や職域接種などで接種券が届く前に接種された方がお持ちです。

一般接種の方は接種券台紙の右側部分の「接種済証」の写しが必要です 。

4.本人確認書類の写し

運転免許証、健康保険証 等

※住民票上の住所の記載があれば旅券でも可

※窓口で手続きする場合は本人確認書類の写しは不要で、提示のみで可  

5.返信用封筒

宛先・宛名の記入と切手(定型封筒であれば84円)の貼り付けをお願いします。

※窓口交付を希望の場合は不要

(場合により必要な書類)


6.旧姓・別性・別名の確認書類(旅券に旧姓等の記載がある場合のみ)

旧姓併記のされた運転免許証、戸籍、住民票の写しなど

別名・別性の記載のある外国の旅券など

7.委任状(本人以外が代理で申請する場合のみ)

以下のリンクから様式をダウンロードしてください。紙の委任状が必要な場合は、健康増進課の窓口にて配布しています。

委任状(PDF形式)

交付方法・交付時期

返信用封筒での郵送により書面交付させていただきます。※希望される場合は窓口受け取りも可

申請書を受理した日から1週間程度で発送します。 

ただし、接種記録書や接種済証がない場合は、接種記録を確認する必要があるため、接種証明書の発行に相当期間がかかる場合があります。

発行にあたっての注意事項

書類に不備があった場合に、申請者に連絡をする場合がありますので、必ず連絡先(普段利用する携帯番号など)を記載してください。

接種証明書(ワクチンパスポート)の制度に関する問い合わせ

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

☎0120-761-770

(受付時間 9:00~21:00)

その他

○日本国内での接種証明について

日本国内では、接種証明書がなくても、新型コロナウイルスのワクチンを接種した方は、以下の接種済証等により接種済みであることを示すことができます。

(1)医療従事者等の方や職域接種などで接種券が届く前に接種された方の場合

「新型コロナワクチン接種記録書」

(2)それ以外の方の場合

「新型コロナウイルスワクチン予防接種済証(臨時)」

※接種券(クーポン券)の台紙に付属しています

○接種証明書の利用について

日本国で発行した接種証明書の諸外国での受け入れ状況については、外務省のウェブサイトより情報が公開される予定です。