5~11歳の子どもへの接種について

5歳以上のお子様も、新型コロナワクチンの接種を受けていただけることになりました。ワクチン接種について、お子様と一緒にご検討ください。

令和4年2月現在、国内における小児(5~11歳)の新型コロナウイルス感染症は、中等症や重症例の割合は少ないものの、オミクロン株の流行に伴い新規感染者が増加する中で、重症に至る症例数が増加傾向にあること、感染者全体に占める小児の割合が増えていることが報告されています。
 また、基礎疾患がある小児では、新型コロナウイルスに感染することで重症化するリスクが高くなると言われています。

今後、様々な変異株が流行することも措定されること、現時点において、特に重症化リスクの高い基礎疾患を有する5歳~11歳の小児に対して接種の機会を提供することが望ましいと考えられることから、厚生労働省で議論された結果、予防接種法に基づく接種に位置づけ、小児を対象にワクチン接種を進めることとされました。

厚生労働省が公表している新型コロナウイルス感染症の発生動向や、副反応に関する情報等はこちらにまとめています。接種を判断する際の参考としてください。

概要

接種の対象5歳から11歳の方(接種日時点)
※12歳の誕生日の前々日まで
費用無料 ※全額公費負担
ワクチンの種類ファイザー社の5~11歳用ワクチン(小児用)
※ファイザー社の12歳以上用ワクチンに比べ、有効成分の量が1/3になっています。
接種回数2回
接種間隔3週間の間隔をあけて、合計2回接種します。
接種の同意接種は強制ではありません。
 ワクチンを受ける際には、感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について、正しい知識を持っていただいた上で、保護者の方の意思に基づいて接種をご判断ください。保護者の方の同意なく、接種が行われることはありません。
努力義務の有無努力義務の規定は適用しないこととなっています。
※予防接種における努力義務の規定とは、感染症のまん延予防の目的で、「接種を受けるよう努めなければならない」と定めている予防接種法の規定(第9条)を指します。これは市民の皆様に接種へのご協力をいただきたいという趣旨であり、「義務」とは異なります。

特に接種をおすすめする方

ワクチン接種をとくにお勧めする対象とは、先天性心疾患など、重症化リスクの高い基礎疾患(※)を有するお子様は接種をおすすめしています。

※ 日本小児科学会では、新型コロナウイルス感染症の重症化リスクが高い疾患の一覧等を公表しています。
日本小児科学会「新型コロナウイルス関連情報」(外部サイト)

11歳のお子様がいらっしゃる保護者の方へ

1回目の接種時に11歳だったお子様が、2回目の接種時までに12歳の誕生日を迎えた場合、2回目接種にも小児用ワクチンを使用します。
1度も小児用ワクチンを接種せずに12歳の誕生日を迎えた場合は、小児用と同じ接種券を用いて大人用(12歳以上用)のワクチン接種を受けることができます。12歳の誕生日の「前日」からは大人用のコロナワクチンの接種対象となります。

1回目接種時の年齢2回目接種時の年齢接種するワクチン
11歳11歳1,2回目ともに小児用(5歳~11歳用)コロナワクチン
11歳12歳(12歳の誕生日前日以降)1,2回目ともに小児用(5歳~11歳用)コロナワクチン
12歳(誕生日の前日以降)12歳(誕生日の前日以降)1,2回目ともに大人用(12歳以上用)コロナワクチン

接種間隔について

●1回目と2回目の接種間隔
通常、3週間の間隔をあけて、合計2回接種します。
1回目の接種から間隔が3週間を超えた場合、1回目から受け直す必要はありません。できるだけ速やかに2回目の接種を受けていただくことをお勧めします。

他のワクチンとの接種間隔

▷他の予防接種を、新型コロナワクチンと同時に同じお子様に対して行わないでください。

▷前後に他の予防接種を行う場合、原則として新型コロナワクチン接種と13日以上の間隔を空けてください。

接種券の送付

9~11歳の方へは2月22日に、8歳以下の方へは4月1日に発送しています。

同封物

 接種券および次の同封物は、水色の封筒に入って届きます。

接種する場所及び予約方法

個別接種または集団接種のいずれかで接種を受けていただけます。

身近な医療機関での接種(個別接種)

接種場所市内15か所の医療機関
予約開始日3月1日(火)
接種開始日3月7日(月)
予約方法医療機関に直接ご連絡ください。

集団接種会場での接種(集団接種)

接種会場出雲市立総合医療センター(灘分町613番地
※ワクチン接種について、集団接種会場への直接のお問い合わせはご遠慮ください。
予約開始日4月19日(火)
接種開始日5月 8日(日)
接種日1)1回目 5/ 8(日)2回目 5/29(日) 
2)1回目 5/15(日)2回目 6/ 5(日) 
3)1回目 5/22(日)2回目 6/12(日) 
※上記日程以降については現在調整中です。
接種時間10:00~12:30
予約方法WEB(インターネット)※24時間対応
出雲市新型コロナウイルスワクチン接種予約サイト
コールセンター(電話)
出雲市新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター
0853-21-6613
※月~金(祝日除く)9:00~18:00のみ対応。

接種当日について

当日の持ち物


※副反応等による処置を行う場合、医療機関での保険診療になることがあります。念のため、健康保険証をお持ちください。

お願い

※保護者が特段の理由で同伴することができない場合は、お子様の健康状態を普段から熟知する親族等で適切な方が、保護者から委任を受けて同伴することが可能です。

※予診票には必ず保護者が署名してください。

ワクチンの効果や安全性について

新型コロナワクチンの効果

※オミクロン株出現以前の知見であり、オミクロン株のワクチンへの影響については、引き続き情報収集を行うこととされています。

新型コロナワクチンの副反応(海外の臨床試験による安全性と副反応の情報

主な副反応(数日以内に起こることがある症状)

症状が出た人の割合症状
50%以上注射した部位の痛み、疲れた感じ
10%~50%頭痛、注射した部位の赤み、腫れ、筋肉痛、寒気
1%~10%下痢、発熱、関節痛、嘔吐

心筋炎について

ごくまれですが、海外では子供でも継承の心筋炎を発症した例が報告されています。

米国では、新型コロナワクチン接種後の心筋炎の報告率は、5~11歳の男子の方が12~15歳や16~17歳の男子より低いとされています。

副反応疑い報告について

厚生労働省では、ワクチンの接種後に生じうる副反応を疑う事例を収集し専門家による評価を行っており、報告された症例や評価について紹介されています。
※接種によって得られる利益と、副反応などのリスクを比較して接種の是非を判断してください。

新型コロナワクチンの副反応疑い報告について(厚生労働省ホームページ)(外部サイト)

健康被害救済制度

一般的に、ワクチン接種では、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が起こることがあります。極めて稀ではあるものの、なくすことができないことから、救済制度が設けられています。
救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。

新型コロナワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。
なお、現在の救済制度の内容については、こちらをご参照ください。

接種を受ける際の同意

新型コロナワクチンの接種は、国民の皆さまに受けていただくようお勧めしていますが、接種を受けることは強制ではありません。予防接種の効果と副反応のリスクの双方についてしっかり情報提供が行われた上で、接種を受ける方の同意がある場合に限り、自らの意思で接種を受けていただいています。ただし、16歳未満の方の場合は、原則、保護者(親権者または後見人)の同伴と予診票への保護者の署名が必要となり、保護者の同意なく接種が行われることはありません。署名がなければワクチンの接種は受けられません。詳しくは、「新型コロナワクチンQ&A」をご覧ください。
幼稚園・学校や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをすることのないようお願いいたします。

  1. ⇒学校等におけるいじめ・嫌がらせなどに関する相談窓口は「子どものSOS相談窓口」
  2. ⇒人権相談に関する窓口はこちら
  3. ⇒ワクチン接種を受けていない人に対する偏見・差別事例に関するQ&A(一般の方向け)はこちら

よくある質問

小児用ワクチンの接種する量や回数は成人と同じですか?

5-11歳で接種する有効成分の量は、12歳以上で接種する量の3分の1となります。

接種回数は12歳以上と同様に3週間間隔で2回接種します。なお、5-11歳に使用するワクチンは小児用ファイザー社ワクチンとなります。12歳以上で使用するワクチンとは別製剤です。

小児の接種では、なぜ努力義務の規定が適用されないのですか。

小児におけるオミクロン株の感染状況(感染者、重症化の動向)は未だ確定的ではなく、小児についてオミクロン株に対する発症予防効果・重症化予防効果に関するエビデンスは必ずしも十分ではありません。

そのため、現時点では小児について努力義務の規定を適用しないこととし、今後の最新の科学的知見を踏まえ、引き続き議論することとされたからです。

かかりつけの小児科で接種したいが予約ができないのですか?

市内15の医療機関で小児用ワクチンの接種を行っています。直接予約を受け付けていらっしゃいますので、一覧表の予約できる時間帯を確認のうえ、各自ご予約ください。

接種時に必要なものは何ですか?

小児用ワクチンの接種では、保護者の同伴が必須となります。送付された接種券、予診票、母子保健手帳、お子様の本人確認書類(マイナンバーカード・健康保険証など)を忘れずにお持ちください。

なお、予診票の同意欄には保護者の方のお名前を署名してください。

基礎疾患があっても接種できますか?

かかりつけ医とよく相談して接種をご検討ください。

出雲市に住票がありますが、出雲市外の居住地でワクチンを接種したいです。

住所地外でのワクチン接種は接種を希望する自治体によって取扱いが異なりますので、詳細は接種を希望する自治体にお問い合わせください。

なお、接種券は原則、住民票所在地に送付されますので、あらかじめ出雲市外の居住地への郵便の転送届等の⼿続きをお願いします。

出雲市外に住民票があるが、出雲市で接種できますか?

原則、ワクチンは住民票所在地での接種となりますが、やむを得ない理由などにより住所地外での接種を認める場合があります。出雲市コールセンターへご相談ください。

いつ時点の情報(対象者)で送っていますか?

令和3年3月末時点で出雲市の住⺠基本台帳に登載され、かつ、令和4年9月末で5歳~11歳になる⽅を対象に送っています。

なお、令和4年度に5歳を迎える方については、5~8歳への接種券を発送した後に接種券を送付させていただく予定です。

転居前の住所が記載された接種券が届きました(転居したために接種券が届かない)。

現在の住所を記載した接種券を再発⾏いたしますので、出雲市コールセンターまでご連絡ください。

このほか新型コロナウイルスのワクチンに関するよくある質問については、以下のリンク先をご参照ください。

小児接種に関するQ&A(厚生労働省 新型コロナワクチンQ&A)(外部サイト)

お問い合わせ

●集団接種会場の予約、接種券の再発行、接種に関する一般的な相談について
出雲市新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター
☎0853-21-6613 

対応時間:9:00~18:00(平日のみ)


●コロナワクチン施策の在り方、ワクチンについて
厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター
☎0120-761770 

対応時間:9:00~ 21:00(平日、土日・祝日)


●接種後の副反応に関することなど、医学的知見が必要となる専門的な相談について
しまね新型コロナウイルス感染症 「健康相談コールセンター」
☎0853-24-7017 

対応時間:8:30~ 21:00(平日、土日・祝日)