3回目の接種について

新型コロナワクチンの3回目接種については、国の対応方針にもとづき、順次実施します。接種券が届いた方からワクチンの接種の予約をすることができます。

概要

接種対象者2回目の接種を完了した12歳以上(接種日時点)の方
接種期間令和3年12月1日から令和4年9月30日まで
2回目接種完了からの接種間隔原則6か月以上
※2回目の接種を完了した日から6ヶ月以上の間隔をあける必要があります。
接種回数1回 ※接種費用は無料(全額公費負担)
使用するワクチンファイザー社ワクチン または モデルナ社ワクチン

特に接種をお勧めする方

異なる種類のワクチンの接種

3回目接種(追加接種)に使用するワクチンは、1・2回目接種(初回接種)に用いたワクチンの種類に関わらず、ファイザー社またはモデルナ社(mRNAワクチン)を用いることが適当であるとされています。

効果や安全性

3回目接種において、初回接種で使用したワクチンと異なるワクチンを使用すること(交互接種を伴う追加接種)の効果や安全性を評価した英国の研究によれば、交互接種を伴う追加接種の抗体価の上昇は良好であること、また、副反応に関しては、初回接種で報告されたものと同程度であり、交互接種と同種接種で差が無かったと報告されています。

厚生労働省のQ&Aも併せてご覧ください。

ダウンロードはこちらから【PDF:995KB】

接種券の発送について

スケジュール(目安)

こちらをご覧ください

接種券の発行申請が必要な方

  海外在留邦人向け新型コロナワクチン接種事業

  在日米軍従業員接種

  製薬メーカーの治験

  海外での接種

   発行申請方法については、こちらをご確認ください。

接種する場所及び予約方法

つぎのいずれかの接種方法で接種を受けていただけます。接種方法により予約方法も異なります。

1.身近な医療機関での接種(個別接種)

市内約80か所の医療機関で実施します。

接種実施医療機関一覧ダウンロード

ワクチンの種類

モデルナ または ファイザー

※接種できるワクチンの種類は、国からのワクチンの供給状況により異なります。

※12歳~17歳の方はファイザー社ワクチンのみ接種可能です。

予約開始日

接種券が届いた方からご予約いただけます。

予約方法

医療機関に直接ご連絡ください。

予約ができる医療機関は接種実施医療機関一覧をご確認ください(一部の医療機関は、12歳~17歳の方は予約不可です。)。
※医療機関ごとに受付日時や予約枠が異なります。

※12歳~17歳の方は、予約の際に必ず年齢を伝えてください。

※病院に入院している方、定期的に通院している方、在宅で療養中の方については、かかりつけの医療機関にお問い合わせください。

2.集団接種会場での接種(集団接種)

市が開設する特設会場及び一部の病院で実施します。

●ワクチンの種類

モデルナ社ワクチン

ただし、5月8日以降のイオンモール出雲会場は、12歳~17歳の方を優先しを接種します。(予約枠に空きがある場合は、接種日の6日前の月曜日から、18歳以上の方も予約受付します(例:接種日が5月15日(日)の場合、5月9日(月)から予約受付)。)

●予約開始日

接種券が届いた方からご予約いただけます。

●接種会場

以下の会場で接種を予定しています。
開設する日時等の詳細については、予約時に確認してください。

接種の進捗状況により接種会場・開設日時が変更になる場合がありますので、予約時にご確認ください。

※ワクチン接種について、集団接種会場への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

※ワクチン接種について、集団接種会場への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

※寿生病院の木曜日は隔週で開設します。

●予約方法

WEB(インターネット)※24時間対応

※初日は午前9時から受付を開始します。

予約専用ページにアクセスください。

出雲市新型コロナウイルスワクチン接種予約サイト

コールセンター(電話)

出雲市新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター

 0853-21-6613

 ※月~金(祝日除く)9:00~18:00のみ対応。

3.勤務する医療機関、施設等
  または入所する施設での接種

●ワクチンの種類

ファイザー社ワクチン または モデルナ社ワクチン

医療機関・高齢者施設等にお勤めの方

お勤めの医療機関または高齢者施設で接種を受けられる場合があります。詳しくは勤務先にご確認ください。

高齢者施設等に入所している方

入所している施設にお問い合わせください。

病院に入院している方定期的に通院している方・在宅で療養中の方

かかりつけの医療機関にお問い合わせください。

市からお送りするもの

※接種券に同封する案内チラシ等の内容は発送時期により異なる場合があります。

①封筒

②接種券一体型予診票および予防接種済証

③予防接種についての説明書

④案内チラシ

接種券一体型予診票および接種済証について

3回目接種の接種券は、1・2回目接種とは異なり、予診票と接種券が一体化した新たな様式になります。また、接種記録を残す予防接種済証も様式が変更になりました。予防接種済証は接種した証明になりますので、なくさないよう大切に保管してください。

このほかにも、案内チラシ等が同封されています。

接種当日について

「予防接種についての説明書」をよく読み、接種による感染症予防の効果と副反応等のリスクの双方について正しい知識を持っていただいた上で接種を受けてください。

当日の持ち物


※副反応等による処置を行う場合、医療機関での保険診療になることがあります。念のため、健康保険証をお持ちください。

お願い

●予診票はあらかじめ記入しておいてください。
※12歳から15歳の方の予診票は、必ず保護者が署名してください。

●ワクチン接種の際に速やかに肩を出せる服装でお越しください。

●接種前にご自宅等で体温を測定し、明らかな発熱がある場合や体調が悪い場合などは、接種を控え、予約した医療機関等にご連絡ください。
※集団接種の予約のキャンセルはコールセンター(0853-21-6613)へご連絡ください。

12歳から15歳の方の接種は、必ず保護者が同伴してください。

接種を受ける際の同意

  1. 職場におけるいじめ・嫌がらせなどに関する相談窓口(外部サイト)
  2. 人権相談に関する窓口(外部サイト)
  3. ワクチン接種を受けていない人に対する偏見・差別事例に関するQ&A(一般の方向け)(外部サイト)
  4. 労働者の採用、配置、解雇等に関するQ&A(企業の方向け)(外部サイト)
  5. 経済団体等への協力依頼について(外部サイト)

1・2回目の接種について

概要

接種対象者接種日時点で12歳以上の方
※5歳~11歳の方への接種はこちらをご確認ください。
接種期間令和4年9月30日まで
接種回数通常、3週間の間隔を空けて、合計2回の接種が必要です。(ファイザー社ワクチンの場合)
※接種費用は無料(全額公費負担)
使用するワクチンファイザー社ワクチン

接種券の発送について

12歳以上の方へは接種券を送付済です。
現在、5歳~11歳の方向けの接種券は順次送付しています。詳しくはこちらをご確認ください。
※接種券が届いていない場合、接種券を紛失した場合や、出雲市へ転入された方は発行申請が必要です。詳しくはこちらをご覧ください。

接種する場所及び予約方法

こちらをご確認ください。
満12歳の方はこちらをご確認ください。

市からお送りするもの

●接種券
●予防接種についての説明書
●案内チラシ

接種当日について

お送りする「予防接種についての説明書」をよく読み、接種による感染症予防の効果と副反応等のリスクの双方について正しい知識を持っていただいた上で接種を受けてください。

当日の持ち物

※副反応等による処置を行う場合、医療機関での保険診療になることがあります。念のため、健康保険証をお持ちください。

お願い

●予診票はあらかじめ記入しておいてください。
●ワクチン接種の際に速やかに肩を出せる服装でお越しください。
●接種前にご自宅等で体温を測定し、明らかな発熱がある場合や体調が悪い場合などは、接種を控え、予約した医療機関等にご連絡ください。
※集団接種の予約のキャンセルはコールセンター(0853-21-6613)へご連絡ください。

接種を受ける際の同意

  1. 職場におけるいじめ・嫌がらせなどに関する相談窓口(外部サイト)
  2. 人権相談に関する窓口(外部サイト)
  3. ワクチン接種を受けていない人に対する偏見・差別事例に関するQ&A(一般の方向け)(外部サイト)
  4. 労働者の採用、配置、解雇等に関するQ&A(企業の方向け)(外部サイト)
  5. 経済団体等への協力依頼について(外部サイト)

ワクチンの効果・副反応

新型コロナワクチンの効果

日本で接種が行われている新型コロナワクチンは、新型コロナウイルス感染症の発症を予防する高い効果があり、また、感染や重症化を予防する効果も確認されています。時間の経過とともに感染予防効果や発症予防効果が徐々に低下する可能性はありますが、重症化予防効果は比較的高く保たれていると報告されています。詳しくは、新型コロナワクチンQA(厚労省HP)(外部リンク)をご確認ください。

新型コロナワクチンの副反応

新型コロナワクチンに限らず、ワクチンには体が免疫を付ける際に起きる、副反応が生じることがあります。副反応としては、接種部位の痛み、発熱、頭痛などが起こる可能性があり、治療を要したり、障害が残るほどの副反応は、極めて稀ではあるものの、ゼロではありません。
これまでに認められている副反応については、新型コロナワクチンQA(厚労省HP)(外部リンク)をご確認ください。

症状が出たときの対応

ワクチン接種後の発熱や痛みに対しては、医師が処方する薬以外にも、市販の解熱鎮痛薬(アセトアミノフェンや非ステロイド性抗炎症薬(イブプロフェンやロキソプロフェン等))で対応いただくことができます。また、発熱時には、水分を十分に摂取することをお勧めします。また、ワクチン接種から数日~1週間くらい経過した後に、接種した腕のかゆみや痛み、腫れや熱感、赤みが出てくることがあります。その多くは武田/モデルナ社のワクチンで報告されていますが、ファイザー社のワクチンでも起こることがあります。数日で自然に治ると報告されていますが、発疹がかゆい場合は冷やしたり、市販の抗ヒスタミン剤やステロイドの外用薬(軟膏等)を塗ると、症状が軽くなります。こうした成分は、市販の虫刺されの薬などにも含まれています。症状が特に重かったり、長引くなどがあれば、医療機関等への受診や相談をご検討ください。詳細は、「新型コロナワクチンQ&A(厚生労働省)(外部サイト)」をご確認ください。

健康被害救済制度

一般的に、ワクチン接種では、一時的な発熱や接種部位の腫れ・痛みなどの、比較的よく起こる副反応以外にも、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が生じることがあります。極めて稀ではあるもののなくすことができないことから、救済制度が設けられています。

救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、その健康被害が接種を受けたことによるものであると厚生労働大臣が認定したときは、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。認定にあたっては、予防接種・感染症・医療・法律の専門家により構成される国の審査会で、因果関係を判断する審査が行われます。

制度の詳細については、厚生労働省ウェブサイト(外部サイト)を御参照ください。

また、お手続きにかかるお問い合わせについては、出雲市健康福祉部健康増進課(0853-21-6829)へお問い合わせください。

各種手続き

新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(ワクチンパスポート)の交付申請について

詳しくはこちらをご覧ください。

接種券の再発行

詳しくはこちらをご覧ください。

接種済証の再発行

詳しくはこちらをご覧ください。

よくある質問

厚生労働省「コロナワクチンナビ」において、よくある質問と回答をまとめています。

厚生労働省「新型コロナワクチンQ&A」 (外部リンク)

関連リンク・お問い合わせ

関連リンク

問い合わせ

●集団接種会場の予約、接種券の再発行、接種に関する一般的な相談について
出雲市新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター
☎0853-21-6613 

対応時間:9:00~18:00(平日のみ)


●コロナワクチン施策の在り方、ワクチンについて
厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター
☎0120-761770 

対応時間:9:00~ 21:00(平日、土日・祝日)


●接種後の副反応に関することなど、医学的知見が必要となる専門的な相談について
しまね新型コロナウイルス感染症 「健康相談コールセンター」
☎0853-24-7017 

対応時間:8:30~ 21:00(平日、土日・祝日)